ドッペルギャンガーの歴史は江戸後期にさかのぼる。大阪は堺の商人に生まれた巌家藤兵衛(げんやとうべえ)がルーツである。藤兵衛は、それまで巌家が生業としてきた米商人の一切を弟に譲り、安政3年、新たに大八車の製造・販売に進出。この屋号を藤兵衛楼(とうべえろう)とした。

この記事を読む